silas

サイラスー90年代ガールの追憶ー

更新日:

90年代の女子が夢中になった服の一つ。それはサイラス。
エックスガールに夢中だった私はキャットストリートの本店とラフォーレ原宿の地下にあったエックスガールに行くのが日課だった。当時のエックスガールは販売したとたん売り切れであった。そんなお店に少しだけおいてあったサイラス。その時はまだ私はサイラスに夢中ではなかった。
当時一緒に遊んでいた子はサイラスが好きだった。サイラスのデザインは癖があって、ヒステリックグラマーやエックスガールのようにぴちぴちなデニムではなく、ストンとしたストレートな形。男の子っぽかった。クジャクの模様や、包帯のようなリボンがついた服、切りっぱなしのスカート、一目見てかわいいと思えない前衛的なデザインだった。そのころスプーンという雑誌が出てそこで市川実日子さんがサイラスの特集にでてモデルになっていた。ノーメイクで透明感のある彼女にサイラス服がとても合っていた。

ページの隅から隅まで読み眺めた。どれもかわいくてそこそこの値段。

服に対してワクワクする気持ちがあったのがサイラス。初期のデザイナーは今なにしてるんだろう。
すっかりチープな服ばっかりのこの頃。どんな服を着ても、それがたとえおしゃれに見えたとしても、サイラスを手に入れ着て歩いた時のような気持ちは蘇らない。服に対してわくわくする気持ちが欲しい。

クリックお願いします。
励みになります☆

人気ブログランキング

-silas

Copyright© 成長のない中年女子のファンタジー , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.